プチプラでも旅が好き
*
ホーム > 企画 > 源泉かけ流しの温泉の浴槽における利用状況について

源泉かけ流しの温泉の浴槽における利用状況について

源泉かけ流しの温泉についての情報は、ネットや書籍で良く見る事ができます。しかしながら、源泉かけ流しと言いう言葉自体を、温泉宿や伝えるメディア側が解釈が違う場合もあれば、実際の浴槽の利用状況を真剣に伝えようとしているメディアも少ないのが実情です。私は、時間があれば全国の温泉の中でも、特に自然湧出している源泉かけ流しの温泉宿の浴槽における利用状況を調べたいです。具体的には、浴槽への給湯量、浴槽の温度、浴槽の加水や加温の有無、浴槽への塩素剤の投入の有無、浴槽の温泉の入れ替え頻度を宿に直接取材して、まとめたいという欲求があります。 温泉宿の情報公開は、10年位前に比べれば進んできました。理由は、白骨温泉の入浴剤混入事件や、その他有名温泉地で水を沸かしただけの湯を温泉と称して宿を経営していた旅館が発覚したことです。温泉旅館とうたっていながら、そのような詐欺(湯をわかしただけ)まがいの事をしている旅館を無くし、温泉の正しいあり方をも追求していきたいです。 原一探偵横浜

関連記事

いくつになっても女性は綺麗でいたい。
今日仕事で電車に乗ってたんですが、スカート(膝が出るくらい)を穿いた女性が立って...
源泉かけ流しの温泉の浴槽における利用状況について
源泉かけ流しの温泉についての情報は、ネットや書籍で良く見る事ができます。しかしな...
テスト
テスト記事です。...